スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北紀行(45)花巻 「花巻温泉郷」

.


 東北紀行(45)花巻 「花巻温泉郷」  ,








大沢温泉の全容と川を渡った離れにある情緒たっぷりの「菊水館」



少年の頃、宮沢賢治は信仰心の厚い父に連れられ花巻仏教会の講習会場だった「大沢温泉」に何度となく訪れていて、学生時代には悪ふざけをして湯を汲み上げる水車を止めてしまい、風呂場が大騒ぎになったという逸話も残っているという。

又、岳温泉の項でも紹介したが、昭和20年空襲で東京のアトリエを焼失した光太郎は、賢治の父を頼り、弟の家に一時厄介になるが、やがて花巻郊外の山口地区に庵を結び、以後7年間過ごすことになる。 
そして、この地は大沢温泉へも5~6km足らずのところでもあり、のんびり歩いても行けるところである。


光太郎は花巻を愛し、大沢温泉を日常的に利用していたとも思われ、「この大沢こそ本当の温泉の昧がする」と喜んでいたのである。
尚、延暦年間(約1200年前)に、征夷大将軍・坂上田村麻呂が陸奥の国に遠征の際、この地に赴き(花巻の南、現、奥州市の胆沢城に本拠を置いていたとされる)、合戦の際、蝦夷軍の毒矢に負傷したが、大沢の湯に入浴してほどなく傷が癒えたという伝説もある。

 


ところで、岩手県の花巻温泉というと、普通、温泉一帯つまり花巻温泉郷を指している。
温泉郷」というのは、普通、限定された地域に温泉が各地に湧出し、その地に温泉街や数件の温泉宿を有する地又は一軒宿の温泉名を有する地を云っている。 
ただ、温泉郷という呼び名は正式な名称ではなく、観光ガイドなどに用いられる営業用の表現らしい。 
昔は、箱根七湯とか別府十湯の様に名数で表したのが主流であったとか。 
ただ、花巻温泉郷には実際に「花巻温泉」という名称が一部地域にある。


花巻温泉郷は、花巻市街地の西部(国道や鉄道の西側)に位置する温泉の総称であり、豊沢川沿いに先ず八湯が存在する。 松倉温泉、志戸平温泉、渡り温泉、山の神温泉、高倉山温泉、鉛温泉、新鉛温泉それに大沢温泉と個性豊かな一軒宿が点在し、その名も花巻南温泉郷と称している。

一方、花巻市街地のすぐ西側には花巻温泉、台温泉と新湯本温泉、金矢温泉などが存在する。
その名も「花巻温泉」は山間に近代的な豪華なホテルなどが数軒並び、旅行会社や団体客向けに利用されているようだ。 一方、台温泉は台川沿いの谷間に約20件の鄙びた旅館がひしめくように建っている。
何れにしても花巻温泉郷は歴史ある鄙びた一軒宿の温泉から豪華ホテルまで、特色ある温泉地が点在しているところが良い。

次回、「錦秋の岩手路



.【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」

《スキー履歴》
「スキー履歴」



.
 
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

東北紀行(44)花巻 「大沢温泉の客人」

.


 東北紀行(44)花巻 「大沢温泉の客人」  ,











大沢温泉の大露天風呂「大沢の湯」



露天風呂に浸かりながら・・!  、

すぐ横に浸かっている御老体(失礼ながら・・、小生も)に、橋の上を行き交う人を見ながら、何気なく話しかけてみた。

いやー、最高ですね。 そんでも、ここは橋やら上(菊水館)の部屋から丸見えですね。」
何事も自然が一番すよ、 見られても別に減るもんでもないしね・・!、でも、女性の方はどうなんですかね・・?」
ごもっともですね

と淡々としたもんであった。 
野暮なことを聞いたもんだなと、妙な気持ちになった。


客人は東京在住の職人で、ここの温泉が気に入って数回来ているという。 
新幹線で来るとすぐだからね。 ただ今回が最後になるかもしれない」という。 
仕事は若いもんに譲って、実家の長崎県島原(現、南島原市深江町)に帰るという。 

実家は雲仙普賢岳の噴火(1991年:平成3年6月3日の大火砕流で人命、生活環境の大災害)でかなりの影響があり、周辺の家々はほとんどやられたといっていたが、御自身の家は高台に在ったため破壊は逃れたという。 


小生も「日本一周の旅」で島原を訪れたおり、その惨状は目の当たりにしている。

小生のホームページ
日本周遊紀行」 http://outdoor.geocities.jp/n_issyuu2005/
九州・島原」 http://outdoor.geocities.jp/n_issyuu2005/nn-12.HTM



他の入浴客も混じって、温泉に浸かりながら各地の名物温泉の話、郷土の四方山話など、このついつい長話になってしまった。


多数の浴槽を持つ大沢温泉であり、出来れば全部の浴槽を制覇したかったが、時間の都合で大露天風呂のみの入浴のみとなってしまったのは残念であった。 
この後、秋田の乳頭温泉(鶴の湯)まで行かねばならないのである。

泉質についてはアルカリ性単純温泉ということで無色透明、無味無臭であり、特に、特徴ある、個性のある泉質は有していないようではある。 
温泉の管理人も、単純泉というのはいろいろな成分が僅かずつ溶け込んではいるが、その中で突出した成分は含まれてはいないともいっている。
温泉効果はともかくも、これだけの自然の中で雰囲気を堪能すれば、癒し効果は充分である。


大沢温泉といえば、名物露天風呂の「大沢の湯」が大変に有名らしいが、長い歴史の中で多くの人に認められて来たからこそで、現在の知名度があるのだろう。 
その本当の素晴らしさを知るには、やはり自炊部棟に宿泊して温泉を堪能するのが最適なのは云うまでもない。
歴史的にも、先日訪れた「岳温泉」同様、平安時代初期に坂上田村麻呂が発見したと伝えられてるという。

江戸時代には歴代の南部藩主も利用したといわれ、また、宮沢賢治、高村光太郎らの文人もよく利用したという。

賢治は農学校の教員時代に生徒を連れて訪れたこともあったらしく、又、光太郎はこの温泉を「本当の温泉の味がする」と評したともいう。

次回、「花巻温泉郷



.【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」

《スキー履歴》
「スキー履歴」



.
 

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

東北紀行(43)花巻 「大沢温泉」




東北紀行(43)花巻 「大沢温泉」  、







大沢の表模様



新渡戸稲造記念館を後にして、我らは花巻温泉郷一つ、「大沢温泉」(立寄り湯)へ向かう。
特に、大沢温泉を選んだ理由は、花巻温泉郷の十幾つある温泉の中で、一軒宿風で川沿いに面し、大きな露天風呂があり、雰囲気もとても良いという評判であったこと。
それに宮沢賢治や高村光太郎も訪れているらしく、由緒ある温泉であることと自認したことであった。

国道283号線を花巻市外へ向け、更に、東北道・花巻南ICの南を走る県道12号線を西へ、道沿いの松倉温泉や渡り温泉を通過して、新渡戸記念館から凡そ15分ほどで大沢温泉に着いた。
この先にも、やはり道沿い、豊沢川沿いに「高倉山」、「」、「新鉛」といった鄙びた温泉が並び、「花巻南温泉峡」とも呼ばれている。
尚、途中、左手の山口地区に高村光太郎の山荘や記念館があったが、時間の都合で次回見学とした。


大沢温泉は道路右を豊沢川に向かって下りてゆく。 
駐車場のすぐ向こうに水車がありお宮もあって、いやが上にも雰囲気を醸し出している。
すぐ下の方に大きな建物が二棟立っていて、上が新館の(山水閣)、下の川沿いには旅館部の菊水館と湯治場である「自炊部」という名の古色な木造建てが建っていた。 
一軒宿と言うには、かなり大きな規模に先ず吃驚である。
特に、自炊部と菊水館は綺麗な川面を見下ろす好立地にあり、築300年という永年の歴史があり、重厚な建物はレトロな雰囲気満点で旅心、気分が盛り上がって来るようだ。


受付するため自炊部の正面玄関を潜る。
立寄り湯をお願いすると、青年(ここの主らしい)が丁寧に応対してくれる。 
何しろ浴場だけで大露天風呂をはじめ充分な浴槽が七箇所もあるのだ。
正面受付の右横には大層広い畳の休憩所があり、隅には古色な家具が実に良い雰囲気であり、客の待ち合わせにも利用されている。 フロントの左手には自炊館らしく生鮮野菜なども置く大きな売店や食堂もある。

思えば昼時はとっくに過ぎていたので、食事処「やはぎ」で地元の十割ソバと缶ビールで腹ごしらえを済ます。 
食堂は朝早く(七時半)から夜遅く(九時)まで営業しているので、自炊泊まりで食事を作るのが面倒な御仁にはうってつけであろう。



軽い食事を済ませて、イザ温泉へ突入・・!。

自炊の宿舎棟の長い廊下から、更に川原へ向かって雰囲気のいい階段を下ると
川沿いの大露天風呂・「大沢の湯」(混浴)へ、上さんは女性専用の「かわべの湯」へ向かった。 

川のせせらぎと川面をわたる涼風が実に心地いい。 
上の菊水館へ通じる「曲がり橋」やその向こうに水車が見えていて、これまた、実にいい雰囲気を醸しだしている。
紅葉には未だ少し間があるらしく、川岸に繁る楓の葉も未だ緑をしたためている。

いやー・・!、実に湯ったり、湯ったり』 

気がつくと、露天風呂であろうとも浴槽は外から見えぬよう、目隠しをされているのが普通であろう。 
しかし、ここ大沢温泉はそんなことは委細には構わず自然のままなのである。 
すぐそこの橋や菊水館の各部屋から丸見えなのである。

結構、けっこう、」


次回、「温泉の客人



.【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」

《スキー履歴》
「スキー履歴」



.

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

東北紀行(42)花巻 「花巻の三偉人」

.


東北紀行(42)花巻 「花巻の三偉人」 ,















花巻の三偉人(写真上から)
宮沢賢治:1896年生・37歳、新渡戸稲造:1862年生・71歳、高村光太郎:1896年生・72歳、


両記念館を見学するに及んで学問や思考、哲学が両人とも究めて深慮であったことは何人も認めるところであるが、その方向性が好対照的なのに興味を覚えた。

宮沢賢治が究極の内向的志向を昇華した人物に対して、新渡戸稲造は身を外へ外へと向かわせた外向的志向で国際的に活躍した人であり、その対極的なところが面白いのである。 
また、花巻の同地域の出身で、しかも同時期に偉大なる足跡を残したことに対し、花巻ならずとも南部・岩手県民としての人間の質の高さが伺えるのである。


そういえば、宮沢賢治は自分の故郷・「いわて」を「イーハトーブ」称していた。
イーハトーブとは、「いわて」、「いはて」をもじってつくられた造語ともいわれ、賢治の心象の中にある理想郷を指す言葉であった。 
尚、「イーハトーブ」の名称の謂れは後世の人たちによって色んな解釈があるようだ。


又、新渡戸稲造が生涯を71歳(昭和8年死去)という、当時としては日本人の平均寿命(昭和初期では男子で45歳前後)と比較するとかなりの長寿を全うしている。 
それに対して宮沢賢治は37歳という悲運の短命で生涯をとじている。(昭和8年死去、奇しくも新渡戸氏とは同年) 

僅か20年たらずでこれだけの偉業、大業を成し遂げているのであり、“れば”、”たら“になるが、もし、あと10年、20年存命していたら、遥かに稀有壮大な、計り知れないほどの功績を残す人物になっていたと想像してしまうのである。

それにしても、宮沢賢治に「天二物を与えず」という諺は相応しくないかもしれないが、才子多病、佳人薄命でありすぎた。


尚、高村光太郎については妻・智恵子のことで、二本松や安達太良の項で記載したが、ここ花巻市内に記念館(高村山荘 高村記念館)があった。

芸術家・高村光太郎が花巻にて過ごしたのは、戦争も終わりに近い昭和20年、以前から知己の間柄だった宮沢賢治を頼り、賢治の弟の家に疎開してきていたという。 
滞在期間は7年間に及び、後に、太田村山口(花巻市山口)に庵を設け、農耕自炊の生活を始めた。 
これが現在の「高村山荘」であり、この山荘から少し離れた木立のなかに高村記念館が建っているという。
館内には十和田湖の「裸婦像」の原型や妻・智恵子作の切りぬき絵などの作品のほか、智恵子とのスナップ写真や愛用品などの遺品など約130点余が展示されているという。

次回、花巻 「大沢温泉



.【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」

《スキー履歴》
「スキー履歴」



.

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

東北紀行(41)花巻 「新渡戸稲造の人物像」

,



 東北紀行(41)花巻 「新渡戸稲造の人物像」   、











「五千円札」の肖像画で有名な新渡戸稲造である・・!

稲造は9歳 で上京し、13歳で東京英語学校に学び その後、札幌に農学校(北海道大学)が設立されたのを聞いて、 同じ学校で学んでいた内村鑑三らと共に 第2期生として入学する。
それは、W・S・クラーク博士が、札幌農学校 の教え子らに、 " Boys, be ambitious!  "(青年よ、大志を抱け!) と言ったことに感化されたともいう。

札幌農学校を卒業した新渡戸先生は、 明治16年(1883年)、東京大学に入学する。
志は「私は太平洋の橋になりたい」 、 「西洋の思想を日本に伝え、東洋の思想を西洋に伝える橋になる」 という思考の基に、天から与えられた使命として、外事事情に生涯を捧げる。

後に、アメリカやドイツに留学し、幅広い学問を修め、 当時の日本人としては珍しいほど、豊かな 国際性を身につけ、1919年には 豊かな国際性と学識のゆえに 、台湾総統の下の台湾殖産に携わり、遂に日本代表として国際連盟事務次長 に推薦されるに到る。


又、新渡戸氏は日本統治下にあった「台湾」の発展に尽力した一人であった。
明治中期、日本の台湾統治に当って日露戦争でも活躍した児玉源太郎は先ず、後藤新平(後の東京市 長)を民政長官に起用した。 
其の後、児玉と後藤が台湾農業振興のために、三顧の礼で迎えたのが、日本で最初の農学博士・新渡戸稲造であった。

新渡戸は半年かけて台湾全土を巡り、製糖産業に目をつけた。 そして品種改良、耕作方法、加工法の改善に取り組んだ。  
この努力が実り、1900年に3万トンだった産糖は、1940年には160万トンとなり、台湾は世界有数の生産地となった。 
併せて、農業政策や農業青年の教育に力を尽くし、特に、台湾での起業を後押しする目的で設立された東洋殖民専門学校の理事に就任、現在の拓殖大学の礎をつくった。



新渡戸氏は以上のような国際人である傍ら、同時に「武士道」を書いた愛国者でもあった。
その 代表的著書である『武士道』 を世界に紹介、日本精神を世界に紹介するために、本は英語でも書かれている。


昭和初期、軍部が台頭し軍国思想が勢いを 増してゆく 。
そんな時勢、新渡戸稲造は日本の前途を憂い 、 「我が国を滅ぼすものは 共産党と軍閥である」 と語り、批判を浴びながらも国内が軍勢の色濃くなるのを憂う。

昭和天皇は新渡戸氏を深く信頼し、幾度か宮中に呼ばれ てアメリカの情勢を尋ねる 。
氏は 天皇のご意向を受け 、日米戦争を回避する ためにアメリカに渡り 、日本の立場を訴える 。 
しかし、 アメリカからは理解されず 、その心境を歌に詠んでいる。


『 折らば折れ 折れし梅の枝 折れてこそ
            花に色香を いとど添うらん
 』


翌年(1933年)、 太平洋会議に出席するが帰路、病に倒れ 、バンクーバー市の 近くのビクトリアにおいて 、愛妻メアリーに看取られつつ71歳で死去する 。
新渡戸稲造農学者、農政家、法学者、教育家の顔を持ち、農学、法学、哲学の博士号を得ている。
尚、生誕の地である盛岡市と客死したビクトリア市は、新渡戸稲造が縁となって現在姉妹都市を結んでいるという。

次回、「花巻の三偉人



.【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」

《スキー履歴》
「スキー履歴」



.

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。