スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産 日光大紀行(87)日光の名所 「イタリア大使館別荘公園」





世界遺産 日光大紀行(87)日光の名所 「イタリア大使館別荘公園」





http://nikkotoday.com/news/news127/2.jpg

イタリア別邸





中禅寺湖の東海岸には、隠れた名所・・?がもう一つ、今は使用されていないイタリア大使館別荘あり、建物同時に公園としても整備されている。 
イタリア大使館別荘記念公園は、立木観音前の歌ヶ浜駐車場から凡そ1km、徒歩で15分ほどのところである。

イタリア大使館別荘の建物は、アメリカの建築家・アントニー・レーモンドの設計により、昭和3年に建築された年代もので、内・外装はスギの皮で装飾され、日本のスギと西洋建築が不思議に調和した素晴らしい建物である。
外観で目を見張るのは、外壁の市松模様(格子模様の一種で、二色の正方形(または長方形)を交互に配したチェック柄の模様であるである)が杉板と杉皮を交互に使っており、寄木細工のようである。 又、室内の壁、天井も杉板・杉皮によって幾何学模様に張られていて、天井板にも杉が使われている。
別荘生活は、真夏はともかく概ね暖炉に火を欠かさなかったため、杉皮は乾燥して持ちがよかったとされている。


建物は大使館別荘として長い間使われてきまが、平成10年に栃木県がイタリア国から買収し、改修工事を経た後、記念館としてオープンしたものであった。

この記念公園一帯は豊かな森に囲まれた閑静な地域で、大使館別荘本邸は勿論、旧副邸は中禅寺湖畔のリゾートの原点を紹介した「国際避暑地歴史館」としても公開されている。
周辺は湖畔景観を楽しめるよう、湖畔に向いた木製のベンチやデッキなどが絶妙に配置されており、東照宮近くに最オープンした田母沢御用邸記念公園(※)とはひと味違った奥日光の美しさの粋を巧みに演出している。
更に、建物の美しさを引き立たせる周辺の森の美しさや、中禅寺湖の静かな波の音など、日光の中でも第一級の素晴らしい施設であり自然であろう。
(※) 日光出身で明治時代の銀行家・小林年保の別邸に、当時、赤坂離宮などに使われていた旧紀州徳川家江戸中屋敷の一部(現在の三階建て部分)を移築し、その他の建物は新築される形で、明治32年(1899)に大正天皇(当時 皇太子)のご静養地として造営されたもの。

ところで、中禅寺湖畔は明治時代から西洋人の避暑地となっていて、湖の周辺には各国大使館の別荘が建てられていた。
二荒山・中宮祠より湖岸を西に500mほど進むと、湖岸に「西六番別荘」という別荘跡があって、戦前はグラバー邸別邸など西洋人や上流階級の別荘があったところであり、中禅寺湖の遊覧やマス釣り等を楽しんだ社交場であり、クラブハウスであった。
当時は、真夏になると避暑のため大使や外交官、その家族、そして時には日本の外交官も加わって、中禅寺湖畔はさながら日本の外交サミットの如く呈していたとも言われる。
その後、先の大戦を挟んで一時は寂れ、或いは火災などにより消失したりして、現在は園地となっているが、建物の一部や暖炉の煙突などとともに敷地だけが残っている。
中禅寺湖畔には、現在もフランス、ベルギー、イギリス大使館別荘がある。 







【小生の主な旅のリンク集】

「まとめ」ブログ;http://atmatome.jp/me


日光紀行;http://orimasa2000.seesaa.net/
日大紀行;http://orimasa2007.blog44.fc2.com/



《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」

スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

世界遺産 日光大紀行(80)日光の名所 「日光自然博物館」





世界遺産 日光大紀行(80)日光の名所 「日光自然博物館







日光自然博物館(2枚)





中禅寺湖半畔で、第1、第2のいろは坂が合流した地点の林の中に然博物館がある。

日光の自然、文化、歴史など、様々な事柄が楽しみながら知ることができる。
中禅寺温泉の入り口という便利な場所にあるので、奥日光をまわる前に予備知識を得るために是非立ち寄りたいところである。
 

エントランスホールに入ると、先ず、45インチの大型モニターに明智平展望台からの映像がリアルタイムで映されていて、道路渋滞の状況もわかる。

400項目が入ったコンピューター検索ガイドも設置され、花暦、ハイキングコース、行事などの情報を引き出せる。


最大の見どころは、四季彩ホールだろう。 
高さ4メートル、幅20メートルの3面マルチスクリーンに日光の四季の変化が、ダイナミックに映し出され、サラウンド・システムによる音響も迫力がある。
 

展示室は自然系と人文系がある。自然系展示室では、山、湖、滝、魚、植物、野鳥などがビデオモニター、模型、写真などで観覧できる。滝の振動を体感できるボディーソニックがおもしろい。

人文系展示室では、伝説、歴史、工芸品などが展示してあり、日光の歴史的成り立ちが理解でき、さらに、隣の自然ものしりコーナーでは、モニターを使ってテレビ図鑑やクイズが楽しめる。


もし、日光の自然や文化をより深く体験したかったら、日光自然博物館友の会に入会おもするのもよく、多くの特典が用意されている。

また、日光について知りたいこと、特に奥日光の状況、近況などがあれば、電話での問い合わせにも応じてくれる。


無論、天候や自然のリアルタイムの状況も事前に知ることができる。


次回、中禅寺湖




【小生の主な旅のリンク集】


《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」





テーマ : 世界遺産・日光大紀行
ジャンル : 旅行

tag : 日光自然博物館

世界遺産 日光大紀行(73)日光清滝 「清滝寺」




 
世界遺産テーマ曲;鳥山雄司曲



 世界遺産 日光大紀行(73)日光清滝 「清滝寺」 




清滝神社では、毎年5月15日には「湯立て神事」が行われる。

湯立て神事は、清滝神社が祀られて以来、毎年行われている伝統行事で、神職が小笹をもって沸かした熱湯を全身に浴し、誠心誠意を神に誓い、氏子たちや信仰する多くの人達が一年間安全で不安のない生活ができるように、宮司が全氏子を代表してご祈念するものである。

清滝神社の神は、水を支配する神で、衆人に水を与える神様である。
清滝の名前の由来でもある滝の水は、「生命の水」として安息延命長寿や厄除開運等の霊験があるとして、昔から信仰されている。


清滝神社より500m先の古河電工事業所の一角に「清滝寺」がある。

古くは神仏混合として建立された清滝寺は、清滝権現(清滝神社)の神宮寺(別当寺)として例祭など取り仕切り、又、二荒山神社奥社がある男体山は女人禁制だった事もあり、女性巡礼者のための札所として栄えた。

明治時代初頭に発令された神仏分離令により、神社から分離し、清滝寺として独立し現在に至っている。

本尊は、観音霊場として千手観音を安置し、下野三十三ヶ所観音霊場の第一番札所として信心されている。



次回、日光いろは坂 「馬返し」






【小生の主な旅のリンク集】


《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」




テーマ : 世界遺産・日光大紀行
ジャンル : 旅行

tag : 日光清滝 「清滝寺」

世界遺産 日光大紀行(72)日光清滝 「清滝神社」





世界遺産 日光大紀行(72)日光清滝 「清滝神社」 








清滝神社と本殿、



現在も、社殿の後方に清い滝が流れ落ちていて、滝の多い日光にしては、珍しく地味で水量も充分ではないが、「ひっそり」とした滝であり、老杉の裏の台地から幽然と流れ落ちていて、現在、その名を留めている。

祭神は、大海津美神を主祭神とし、高龗神(雨冠に龍、タカオカミノカミ;水の神、雨を呼ぶ神)、・大己貴命、田心姫命を配祀する。

大己貴命、田心姫命の両神は二荒山の男女の神(夫婦神ともいう)で日光山の神であるが、主神の大海津美神(オオワタツミノカミ)は、綿津見神(ワタツミノカミ)と同一神で、海の神、航海の守り神であるが、日光の山中にどうして・・?。

実は、清滝権現は、元より金毘羅大権現(こんぴらだいごんげん-)のことで、四国・琴平の金毘羅宮より勧請したものであり、これは水神でもあった。 

そのため金毘羅権現は、水の神と同時に、海の神でもあり海上交通の守り神として、特に舟乗りから信仰されているという。


明治以降の神仏分離令で、金毘羅権現は清滝神社として再生し、水の神、海の守り神である大海津美神を主祭神としたのであろうと推察に至るのである。

金刀比羅宮である象頭山松尾寺は、役行者が開山です。


神仏習合して、滝の隣に「勝福山金剛成就院・清滝寺」を建てたが、明治4(1871)年の神仏分離で、清滝神社とされた。 

清滝寺は廃寺となり、寺名だけは清滝立木観音堂の別当寺として今に残っている。


次回、日光清滝 「清滝寺」





【小生の主な旅のリンク集】


《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」




テーマ : 世界遺産・日光大紀行
ジャンル : 旅行

tag : 日光清滝 「清滝神社」

世界遺産 日光大紀行(45)川治温泉 「龍王峡・2」

.





 世界遺産 日光大紀行(45)川治温泉 「龍王峡・2」 





龍王峡自然研究路



ウォーキングのお好みの方は、鬼怒川温泉と川治温泉のほぼ中間にある龍王峡自然研究路が整備されていて、岩と渓流が作り出すダイナミックな景観を眺めながら歩くハイキングコースである。

先ず、上流の「むささび橋」で折り返す3kmの所要1時間30分のコース、更にその先、川治温泉へ抜ける6km・所要3時間のコースなど4つが整備されている。
付近には、物産店や食堂もあるので、ここを拠点にお好きな距離だけ歩いて折り返すこともできる。

それらの景観を堪能できることから、全国観光地百選渓谷の部・第5位に輝いた奇勝景勝の地でもある。


またこの他にも、鬼怒川・川治温泉郷には会津西街道コース、歴史探訪コースなど、自然や歴史を満喫できるハイキングコースがある。

道祖神に興味のある方は、約1時間半で温泉街を回れる「道祖神めぐりスタンプラリー」というのもあり、紅葉を楽しみながらラリーと散策を兼ねたのもオススメだとか。

以外と知られていないのが、鬼怒川・川治温泉郷の桜で、時期になると温泉郷中にたくさんの桜が咲き誇る。
温泉街を花見気分で散策すれば、身体いっぱいに春を感じることもできる。


尚、1980年、川治プリンスホテル火災が発生し死者45人、負傷者22人を出している。




次回、日光の歴史





【小生の主な旅のリンク集】


《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」








テーマ : 世界遺産・日光大紀行
ジャンル : 旅行

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。