スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北紀行(48)乳頭温泉 「鶴の湯の白湯、黒湯」

『東日本大震災』に遭われた被災者の皆さんに、心から御悔みと御見舞いを申し上げます。 援助を惜しみませんので、一日も早い安らぎと回復をお祈りいたします。




 東北紀行(48)乳頭温泉 「鶴の湯の白湯、黒湯」 








宿舎と温泉棟の間の休憩スペース(上2枚)tga55 tga56




先ず、宿泊棟1号館にある二つの内風呂に向かう。 
木の階段を上った2階部分に男女別の風呂があり、先ずザブン。 
次に、小川を跨いだ温泉棟の一角にも風呂があり、ここで浸かる。 

更に、入浴客が言うには、1号館から東本陣に行く廊下の下の方にも小さな露天風呂があるとのことで、早速、向かってみた。




宿泊棟一号館からの渡り廊下(tga57)



その露天風呂は、二人くらいしか入れない小さなものであるが、川を見ながら入浴できる抜群のロケーションである。 
ランプがぶる下がっていて、夜は明かりが灯るもとで、また一段と風情があると思われる。 静かに入浴できる隠れ湯のようですが、廊下から見えてしまいそうな場所でもある。 

出来れば上さんと二人きりでと思ったが・・?。
ここ一号館の湯は、外の温泉棟と同じ泉質の黒湯と白湯が引いてあるらしいが、但し、こちらは宿泊者専用なので、日帰り入浴の客には開放していないようだ。





男女別白湯・黒湯の入口玄関(tga58)





白湯・黒湯の脱衣室(tga59 男)






鶴の湯白湯の浴槽(tga60 tga61 2枚)、






黒湯の浴槽(tga62)



次に、小川(湯ノ沢)に架かる小さな橋を渡った正面に男女別の白湯、黒湯がある。 
入り口上に掛かる木製の風情のある看板が何ともいい。
白湯と黒湯は男湯も女湯も浴室の雰囲気は同じような感じで、広くはないが、木造で雰囲気が良い。 

白湯というのはその名の通り、濃い乳白色の湯で、別名(愛称・・?)冷えの湯というが、どちらかというと熱め(本当は上がった後さっぱりするので、冷えの湯というらしい)。
一方、黒湯は実際に黒いのではなく、白味の薄い灰色がかった湯で、温めでとろりとした感触であり、泉質的にはゆっくり入りたい感じである。 
何れも脱衣所は一緒であるが、湯室、湯船は左右のいちにあって引き戸で仕切ってある。

次回、鶴の湯の 「中の湯」


【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」

《スキー履歴》
「スキー履歴」



.
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。