スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北紀行(51)乳頭温泉 「鶴の湯の大露天風呂(2)」

『東日本大震災』に遭われた被災者の皆さんに、心から御悔みと御見舞いを申し上げます。 微力微少ながら援助を惜しみませんので、一日も早い安らぎと回復をお祈りいたします。




 東北紀行(51)乳頭温泉 「鶴の湯の大露天風呂(2)」  ,






鶴の湯の女性用露天風呂の入口風景 (tga69)






鶴の湯の風雅な女性用露天風呂
(下図、正面の石塔シンボルが気に掛かる・・?。 tga70 tga71)



混浴の大露天風呂の次に、女性専用の立派な露天風呂もあります。
こちら「鶴の湯」は、歴史ある温泉には珍しく女性の方には男性以上に気を配った風呂が充実しているようです。
まずは、女性の野天風呂の入り口は二つあって、白湯・黒湯の建屋の横を暖簾を潜って行く野天風呂専用の通路と黒湯の脱衣室からの入口があるようです。 ただ、専用入り口だと外で脱衣をしなければならず、黒湯の方から入るほうが無難らしい。

四角い木製の浴槽は、10数人入ってもゆったりしていて充分の広さである。
周囲は広々として目の前には鮮やかな野外模様が展開し、今はススキの穂が風情を出していてなんともいいらしい。 
鶴の湯温泉の女性の野天風呂(大白の湯ともいうらしい)は、完全な野外にあって浴槽の木の温もりもあり、温泉は若干温めで長時間に浸かれるのもいいという。


尚、こちらの混浴大露天風呂は旅行雑誌などのアンケートでは、温泉100選の「露天風呂の部」で第1位を獲得しているという。

結果、鶴の湯といい露天風呂といい、余に有名になりすぎて日帰り入浴客が多くなり、土日は勿論、平時でも大混雑するという。 
お風呂の規模に対して人が多すぎ、こうなると混浴風呂など気になってとても温泉情緒を味わう余裕は無いであろうとも。 ただ、あの有名な鶴の湯に行ってきました、という事実だけに成りかねないのである。

更に一言云うならば、ここの鶴の湯をはじめ乳頭温泉全般、ゆっくり湯に浸かって、のんびりする所であり、他の温泉街のように忙しく湯巡りなどをするところではないと感じ入っている次第である。


又、この温泉棟である外湯一帯は、野暮なシャワーつきの洗い場や洗剤、石鹸などは一つも置いて無く、とにかく、脱衣所もすべて簡素な木造りで、中には、ぶっつけで作ったような棚に脱衣籠が無造作に置かれているだけ。 
扇風機やドライヤーはおろか洗面台も時計もないという徹底ぶり。 
それに、入浴の心得だとか注意事項などの表示もなく、せいぜい盗難防止の注意だけ。

俗っぽいことは一切無く、それらが秘湯としての趣を一層増してくれているのである。 
とにかく浴衣を脱いでお湯につかる、 ただ、ひたすら浸かるだけ、浴びるだけなのである。それだけで満足なのである。

こちらは奥山の大自然の中にスッポリ治まっている天然秘湯であり、効能豊かな温泉で、しかも4種類とか6種類の源泉が体験できる貴重な源泉風呂なのである。
天然自然の中で「」を養い、温泉成分を体一杯に浴びるだけで十分すぎるのである。 

尚、泉質は含重曹・食塩硫化水素泉で、浴用の適応症は高血圧症、動脈硬化症、リユウマチ、糖尿病、皮膚病に、飲用適応症は糖尿病、慢性中毒、リユウマチ、通風、便秘など。
詳細は巻末に記載します。

次回、鶴の湯の宿




【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」

《スキー履歴》
「スキー履歴」



.
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。