スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北紀行(52)乳頭温泉 「鶴の湯の宿」

『東日本大震災』に遭われた被災者の皆さんに、心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。 
微少、微力ながら援助は惜しみませんので、一日も早い安らぎと回復をお祈りいたします。

周辺の温泉地において、被災者に温かい温泉を提供してやって下さい。 所謂弱者・・?、高齢者所帯、乳幼児のいる所帯には短期間でもいいから極力空部屋(特に公共宿泊施設)を貸してやって下さい。 政府、官公庁、地方の公の機関はこれらを調整、斡旋、資金等のバックアップしてやって下さい。  
東北の温泉愛好者、東北出身(いわき)の小生




 東北紀行(52)乳頭温泉 「鶴の湯の宿」 





鶴の湯入口風景 (tga72)  



鶴の湯の入湯、宿泊受付 (tga73)



鶴の湯の湯屋から見た宿泊棟 (tga74)


ゆったり源泉回りをしているうちに、すっかり暗くなり夕食の時間も近づいているので、
そろそろ部屋に戻ることにする。
宿泊用の部屋は入り口正門から見て右側奥の2号館で、当館内では最も安値の8550円(1泊2日・2食付)ところであった。 ただ、前述したように鶴の湯へは平日であっても予約して泊まるだけで大変であり、この日も偶然にキャンセルが出て確保できた次第である。
部屋は六畳間一つでトイレも洗面も、そしてテレビも無いさっぱりしたものであった。 
年寄りにとってトイレや洗面が部屋に無いのは残念なような気もしたが、湯治場に来たと思えば納得である。
そも、旅に出てやれ風呂付だ、トイレ付だ、テレビ付だというのは贅沢であり、必要の無いことだとも思っている。 何も無い空っぽの部屋で、一人なら物思いに耽り、二人以上なら普段出来ない冷酒でも飲みながら普段出来ない会話を楽しむ。 
旅先ならこのぐらいの心の余裕が欲しいものである。

又、設備の整った部屋では、それだけ宿主も客人も割高になってしまい、経済的にも負担が大きくなってしまう。
鶴の湯全体では、これよりハイクラスの宿所もあるようだが、小生達にとってはこの部屋で十分であり、有難かったのである。


朝夕の食事は別棟・本陣で頂く。
山菜と川魚がメインで、量もたっぷり言うことなし。 時節柄、秋田の銘酒を熱燗で頂きながら、腹も身も満足満足。
部屋で暫く、温泉談義に花を咲かせ、就寝前にもう一っ風呂浴びる。
再び、白湯と黒湯にサーッと入って、後は、例の大野天風呂にゆったり浸かる。 ランプにホンノリと照らされススキの穂が揺れるなか、ほろ酔い気分も手伝って気分は最高潮である。
若いカップルが隅のほうで囁きあっている他、数人の客がいるのみである。 
気が付くと何時の間にやら上さんががにじり寄って来ていた。 肩が触れるほど横に並んで「いいわね・・!」としみじみ語る。
酒の勢いもあってか、左手で彼女の右ももをソッと撫でてやったが、素知らぬ振りをしている。
「イヤ、実に結構である・・!!」と思わずのたもうた。

翌朝、目覚ましに再び入浴す。 
小生ならずとも、旅先の温泉場では一泊につき三回温泉に浸かることにしているのが普通であろう。 到着後の夕食前に浸かるのは当たり前であるが、その後、就寝前の気休めに一っ風呂浸かり、更に、朝の目覚めの顔洗いと頭スッキリさせるために浸かるのである。




鶴の湯の本館と湯屋の間にある「くつろぎスペース」 (tga56)



鶴の湯は、秘湯中の秘湯で本当に結構、ケだらけであろうが、折角だからチョッと苦言も呈しておこう。
余に有名なためか、おばさん連等の団体客が些か騒々しい。 
特に、日中は日帰り客でいつでもザワザワしている様子で、中には見物、観光目的で来る人も多く、ゆっくりと、静かに温泉の雰囲気楽しみたいという御仁には、本当の意味での秘湯、静けさ、安らぎを求める人には向かない宿だとも思える。
営業重視でテレビや雑誌にガンガン取り上げられ、余りに有名になったため秘湯の湯もすっかり観光地化されすぎて、逆に敬遠する人もいるくらいである。

次回、朝の「鶴の湯」



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」

《スキー履歴》
「スキー履歴」



.
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。