スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北紀行(60)角館 「青柳家」

『東日本大震災』に遭われた被災者の皆さんに、心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。 
微少、微力ながら援助は惜しみませんので、一日も早い安らぎと回復をお祈りいたします。

被災者避難の皆さん、原発避難の皆さんへ全国(北海道から沖縄)の公営住宅、又、全国(北海道から沖縄)の公共住宅,UR機構(昔の公団),都道県市公社、官舎など、その他の公共的空住宅を行政、省庁、自治体が中心となって提供してやって下さい。
避難者近隣の銭湯、公共浴場、温泉施設など暖かい入浴を提供してやって下さい。
東北出身(いわき)の小生




 東北紀行(60)角館 「青柳家」  ,





青柳家の立看板の屋敷図


青柳家・薬医門<


青柳家展示品(元武家の様子が判る)




次に、石黒家の隣家に佇む「青柳家」を訪ねた。
更に、重装は薬医門を潜ると、屋敷の案内図が立っていた。 
屋敷内は一見するまでもなく、神社の境内のような鬱蒼とした大木が生い茂っている。
総敷地3000坪という巨大な御屋敷の中、母屋の他に武器蔵、青柳家ゆかりの古文書や絵画、

掛け軸などを展ずる「ミニ博物館」、郷士館、当時の武士の生活様式を伝える「道具蔵」、はては秋田の食文化を伝える食堂・「食彩館」やアンティーク逸品を展示する「ハイカラ館」といった建物が建つ。 

しかも庭園の中には小川が流れ、大元に神明水という清水が尽きることなく湧き出している。 
この小川は主家の裏山から数百年に亘って湧いているらしく、NHKのTV番組・「新日本紀行」でも放送されたという。


これらの建物群は、重要な古物である武具や古文書、史的遺品を収容するために後々に設えたものであるが、主家・母屋や医薬門は当時の姿をそのまま残されているもので、県の文化財にも指定されている。

特に医薬門は重厚なもので家の位や威信を表すものとされ、上級武士にしか許されない格調の高さは青柳家の誇りは勿論のこと、武家屋敷群の角館の象徴ともされているという。
これは藩への功績が認められた際、特別に作られたものであるとのこと。

又、主家は200年以上の歴史を保っているといわれ、寄棟萱葺き屋根は曲屋(かぎ形:直角に曲った平面をもつ民家)で、玄関、座敷の仕切り戸や欄間は武家の青柳家らしい独特の意匠を凝らしている。 
母屋、座敷は現存する角館の武家屋敷のなかで最も豪華だといわれる。
当家は、広大な屋敷と数多くの遺品の展示などで「角館の歴史村」とも言われているようだ。


青柳家は、元より戦国期から当主・佐竹義重に仕えていた。
佐竹 義重は戦国時代の常陸国の戦国大名で、常陸守護職家である佐竹氏第十八代当主であり、関東一の鉄砲隊を備えた別称・鬼義重、坂東太郎の異名を誇った。 
即ち、常陸・佐竹氏の全盛期を築き上げた人物で、経済力を築き、豊富な資金力を実現したという。

嫡男・義宣の時代、関ヶ原の戦いでは家臣の反対を押し切って西軍(三成方;中立という立場もある)寄りの立場を表明した。 
しかし、戦中の曖昧な態度を咎める名目で、常陸水戸54万石から出羽秋田(久保田藩)20万石へ減転封されることになる。

その後、義宣の弟・盛重(芦名家の跡取で芦名義勝と名乗る)に佐竹北家として「角館」を与え、その時、青柳家も盛重に随行、御徒組頭として60石(芦名家平均石高)が与えられている。

青柳家は廃嫡で芦名家が滅んだ後も佐竹家に仕え、更に新田開発や殖産を起こし度々藩、主君に御用金を献上、江戸中期には足軽組頭に昇格している。 
更に、幕末には150石を有して角館の資産家、名士となって歴史に名を残した。

1973年(昭和48年)県の史跡に指定され、平成元年、角館歴史資料館として公開されている。

次回、「岩崎家



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」

《スキー履歴》・・・
「スキー履歴」



スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。