スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北紀行(62)角館 「河原田家と小田野家」

.




 東北紀行(62)角館 「河原田家と小田野家」  ,

















河原田家;薬医門と母屋玄関、 苔むした庭園と散策歩道




次に訪ねたのがお互いが隣接している河原田家小田野家である。
両家の門の近くは、葉が今にも落ちそうな枝垂桜の大木が、撓った(しなった)枝を被らせている。 

河原田家の薬医門は青柳家同様堂々たる構えであり、前面黒御影の石標には「史跡武家屋敷・河原田家」と記されていて判りやすい。 

母屋室内には直接入れないが、庭園へ通じる脇門から入ると洒落た見学用の木道が作られていて、書院作りの表座敷を見ることができる。

こちらは母屋を見るより庭園の見事さに感心する。 
苔むした地面の所々に石を配し、年輪を感じさせる樹木が覆っていて風情が美事である。

母屋の内部は庭園から眺められ、間取りなどは武家住宅の形式を踏襲していて、屋敷の構成は藩政時代そのものといわれる。
木の道は、そのまま隣家の小田野家通じ、当家の薬医門が出口になっている。









           小野田家薬医門と母屋






小田野家は医薬門から玄関までの長いアプローチで、珍しくドウダンツツジが生い茂っている。 
シンプルな造りの玄関前から母屋の表庭に回って見ると、これ又珍しく鬱蒼とそびえる樹木の庭の下草には笹が一面に植え付けられている。 
母屋の玄関も一般の通用口と正式のものとを一緒に使い、玄関土間の上がり床(カマチともいう)で身分を区分するといい、中級武士の屋敷造りとなっている。 
間取りは近世武家住宅そのものだが、全体的に簡略化されているという。



河原田家は岩橋家同様、戦国時代に芦名氏の譜代として会津から角館へ移って本家100石、分家50石を拝領した。 
芦名氏断絶後は佐竹北家の組下となるが、幕末から明治にかけて分家が著しく発展し、明治24年に裏町からこの東勝楽丁(町名)へ移り住んだという。

又、小田野家の本家は平賀源内に師事し、洋画(秋田蘭画)を確立した小田野直武(縁戚関係にあった青柳家に胸像がある)を輩出している。
又、分家は居合いの師範(柳生新陰流)や眼科治療などの功績があった異色な家柄でもあったという。

次回、「角館と佐竹家



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」

《スキー履歴》・・・
「スキー履歴」



スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。