スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北紀行(75)尾花沢 「花笠音頭」



『東日本大震災』に遭われだ被災者の皆さん、一日(いじんち)も早い復興さ祈っからね。
全国の皆んな・・!!、G・Wは「東北地方」さ、旅行にでかけっぺ。
東北・いわき出身の小生



 東北紀行(75)尾花沢 「花笠音頭」   、




花笠音頭』 山形県民謡

目出度目出度の 若松様よ
枝も チョイチョイ
栄えて葉も茂る
ハァ ヤッショマカショ

花の山形 紅葉の天童 
雪をながむる 尾花沢 
アーヤッショウマカショ

揃ろた揃ろたよ 笠踊り揃ろた
秋の チョイチョイ
出穂よりまだ揃ろた
ハァ ヤッショマカショ

おらが在所ヘ 来てみてしゃんせ
米の チョイチョイ
なる木がおじぎする
ハァ ヤッショマカショ


ご存知、「花笠音頭」で歌われている尾花沢は、この歌の発祥地らしい。

市街地の東の地に人工湖でもある美しい「徳良湖」というのがある。 
大正時代にこの池を造作するための大規模な土木工事(灌漑用用水池工事)が行われ、その際に唄われた土搗き唄が「花笠音頭」の発祥とされている。 
そして、音頭に合わせて踊る「花笠踊り」は、工夫たちが「日よけ、雨よけ」のために被っていた笠を利用し、当時の作業の様子を取り入れたものといわれる。



この徳良湖の先、尾花沢市街地の東南凡そ5kmのところに「延沢」という丘陵地があり、延沢城という城跡がある。 
標高300mほどの丘陵の上に連郭式の山城があり、戦国期の天文年間に築かれたとされ代々「延沢氏」の居城となっていたという。 
因みに、この城跡は国の指定史跡でもあるらしい。

今にいたる尾花沢市の発展は、戦国時代に延沢氏という士族がこの地方を領し、併せて「延沢銀山」という銀鉱を開拓、産出し支配したことに始まるといわれる。 


延沢城から銀山までは真東の山中で、距離にして僅か5kmのところに位置している。
延沢銀山は、現在は「銀山温泉」という有名な温泉地となっているが、銀鉱山も往時を偲ばせる史跡が残されているという。 

そして、ご存知、銀山温泉は大正ロマンを引き立たせる木造の高層建物群が並ぶ優雅な地域で、温泉と併せて全国的にも有名になっている。 

無論、NHK朝の大河小説「おしん」でこの地が登場したことにもよるが。

次回、 「銀山温泉」


【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」


スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。