スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北紀行(76)銀山温泉 「銀山温泉」

.

『東日本大震災』に遭われだ被災者の皆さん、一日(いじんち)も早い復興さ祈っからね。
全国の皆んな・・!!、東北は自然、名所観光、温泉、祭と見所が一杯有るだよ。 G・Wは「東北地方」さ、旅行にでかけっぺ。
東北・いわき出身の小生



 東北紀行(76)銀山温泉 「銀山温泉」    ,


これから、その銀山温泉へ向かう。
国道347号線、通称、母袋街道といって10km程度行くと鍋越峠というのがあり、ここを超えるとそこはもう宮城県である。 
奥羽山脈を超える鍋越峠は古代から開けた道で、出羽の国から陸奥国へ通じる官道でもあったらしい。 
無論、出羽の国の延沢銀山で採取された銀塊を峠を越えて陸奥の国へ運ぶための主要道路であった。


この街道から標識に従って右方向の銀山方面へと車を進める。
周辺はこの一年の収穫、稲刈りも終わって、農家の人たちはノンビリ、ゆったり過ごすのであろうか・・?、辺りの風景もそれらしく見受けられるので不思議だ。

人っ気の無い、庄内地方の長閑な田園の風光が暫く続き、そして山間(やまあい)に入ってきてからも何も変わらず、銀山温泉という著名な温泉地らしい雰囲気は全く無い。 

車のCDが鳴らす落語が、つい最近録音作成した馬生(金原亭馬生)の「目黒のさんま」を語っていて、間もなく終盤の下げ落ちにかかる“秋刀魚は目黒に限る・・・、”というところであった。
今頃は、秋刀魚が”旬”で、油が乗ってて一番美味しい時節でもある。

耳は落語のほうだが、目はやや不安な面持ちで前方を見据える。
進むうち銀山スキー場や銀山ダムの標識が現れた直後に大きな看板が立っていて左折するように指示されている。 
左折しながら下ってゆくと、先ず、銀山駐車場や和風調の立派な「銀山荘」が左に現われてきた。 
そして、果たして先方下部に川を挟んだ趣のある温泉街が見渡せた。
道は更に下っていって銀山川の橋のたもとへ達し、橋の欄干には「白銀橋」と記されてあった。 
これより先は一般車は通行止めのようである。


橋の手前には少々の空地があって、そこがたまたま本日宿泊する「松本旅館」の駐車場で、とりあえずそこの車を寄せた。
宿は橋を渡った数件目で、早速、挨拶と受付を行う。 荷物は有難いことに宿の主人が一輪車で運んでくれる。 
尤も、車の進入ができないため当然の処置かもしれない。





これより「進入禁止」のお札 



温泉街ー1 



温泉街-2



気が付けば、初めて銀山温泉に車で来たと思える観光客がこの先、車両通行止めになっている事を知らず、ここまで来てからUターンしている車の多い。

人気のある銀山温泉は見物客や日帰り入浴客が多いようで、ひどい時は列をなして車が来ていて、橋の袂はUターン場と化して渋滞までしているようである。 
見かねた近所の店の店員が時折外に出ては、親切に交通整理や無料駐車場の場所の説明を行っている。
それにしても、観光地化している銀山温泉は駐車場の案内がどうも不適切のようだ。


因みに、各旅館には専用駐車場があるようだが、途中にあった銀山荘を除き、駐車場から旅館までは離れているようです。 
そのてん旅館松本は便利よく至近に車止めがあって有難い。

尚、日帰りの観光客は上の無料駐車場へ止めることになる。 
又、尾花沢市の銀山温泉と大石田町のJR大石田駅を結ぶ、同市のレトロ調ボンネットバスの路線バスが銀山線として1日数往復運行されているらしい。 

次回、銀山温泉 「松本旅館



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」


スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。