スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北紀行(77)銀山温泉 「松本旅館」

.


『東日本大震災』に遭われだ被災者の皆さん、東北人魂で一日(いじんち)も早い復興さ祈っからね。
全国の皆んな・・!!、東北は「自然、観光名所、温泉、祭」と見所が一杯有るだよ。 G・Wは「東北地方」さ、旅行にでかけっぺ。
東北・いわき出身の小生



 東北紀行(77)銀山温泉 「松本旅館」   、




松本3,2,1



松本3,2,1



松本3,2,1 




白銀橋を渡ったすぐ右手に足湯があり、数人が湯に浸かって楽しんでいる。 
松本旅館は足湯のすぐ先にあった。

旅館はこの地区では珍しい鉄筋コンクリートの建物で、上階へはエレベーターが運んでくれる。 
決して広い部屋ではないが、小奇麗に整っている和室は清清しい感じであ、手ベランダの越しには銀山川を挟んだ銀山温泉特有の旅館街が見渡せる。 

なかなかの眺めであり、現在でも大正から昭和期にかけての造作されたという、三~四階建ての木造旅館が並列に形成されていて往時の郷愁をさそう。



例によって到着後、一服のお茶を口にして早速、名物の温泉へ向かう。
玄関から奥へまっすぐ進んだところに男女別の内湯がある。 
浴室に入ると美しい木造浴室が出迎えてくれて床板,浴槽の縁,そして浴槽とどれも小奇麗にしてあり,そこに静かにお湯が注がれてサラサラとかけ流されている。

お湯は源泉をそのまま掛け流されていてかなり熱めであろうか、現在は貸し切状態なので長湯するつもりで少々水で温度を下げる。 
泉質はマイルドなやや硫黄臭をしているが、無色透明でサラリとしていて気持ちがいい。
露天風呂こそなかったが、貸切浴室の雰囲気で充分カバーできるであろう。




部屋での食事風景



さて、待望の食事である。 
和室の部屋出しで、落ち着いてゆっくりと食べられるのは有難い。 
メニューは川・山の物がふんだんにあり、味も良く、量的にも我々の年代には丁度いい按配である。 
ビールと熱燗二本でほろ酔い気分、女将さんも愛想良く結構々々である。

宿泊のランクによっては地元名産・尾花沢牛の陶板焼きなど追加されるらしい。
吾等年配者はこの程度で充分満足なのである。


銀山温泉:旅館・松本 
電話番号:0237-28-2021
所在地:〒999-4333 山形県尾花沢市銀山温泉


次回、「夜の温泉街





【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」


.
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。