スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北紀行(79)銀山温泉 「古山閣の鏝絵」

.

『東日本大震災』に遭われだ被災者の皆さん、東北人魂で一日(いじんち)も早い復興さ祈っからね。
全国の皆んな・・!!、東北は「自然、観光名所、温泉、祭」と見所が一杯有るだよ。 G・Wは「東北地方」さ、旅行にでかけっぺ。
東北・いわき出身の小生



 東北紀行(79)銀山温泉 「古山閣の鏝絵」  ,




古山閣の正面に飾られてある「鏝絵」(こてえ)




銀山温泉の旅館は古風な三階建てが目立つが、特に、建物正面に千鳥破風、唐破風の屋根をつけていて、それぞれに意匠を尽くしていることだろう。
そして、更に各旅館の戸袋などに作られた鏝絵の装飾が施してあることだろう。

創業当時よりのそのままの姿で残っていて、あるものは、旅館の屋号であったり、縁起物のデザインであったりで、中でも目を楽しませてくれるのが、橋の向こうに窓から煌々と明かりを照らし、聳えるように建っているのは「古山閣」の建物である。

古風な造りの唐模様の主玄関と脇玄関が先ず目を引くが、何といっても眺め縁を施した二階の上部に古風な絵が横にズラッと並んでいる。 正面を飾る1年の行事を表しているとされる「鏝絵」が飾ってある。

建物の持つ圧倒的な存在感もさることながら、この壁面に掲げられている風物を描いたとされる見事な絵が実に素晴らしい。 
鏝絵(こてえ)というらしく、漆喰(しつくい)を塗った上に鏝で風景や肖像などを描き出した絵のことで、作者として有名なのは伊豆松崎の「入江長八」であろう。


因みに、入江長八は一介の左官建築職人から絵心を加えた名人、名工となって名を残し、松崎の町並みを一新したという。 
江戸末期、松崎に生まれ、12才で左官建築の弟子となり19才で江戸を出て左官の修行をつむが、同時に3年間、狩野派の絵も学び、江戸から明治にかけて活躍し左官の名工と言われた人物である。 
左官とは、壁を塗る職人、壁塗りのことでその材料は「漆喰」(日本独特の塗壁材料で、石膏・石灰・セメントなどをそのまま、または砂などをまぜて作ったモルタルをもいう)といわれるものである。

小生の「日本周遊紀行:http://outdoor.geocities.jp/n_issyuu2005/」 リンク 「伊豆松崎:http://outdoor.geocities.jp/n_issyuu2005/nn-2.htm」(入江長八のこと)



銀山温泉の中でも、たくさんの鏝絵を街頭正面に目にすることができる古山閣の鏝絵は華やかさ、数ともに群を抜いているだろう。 
温泉街には古山閣の他に、旅館永澤平八、能登屋などに鏝絵があるようだ。



旅館・「永沢平八」 




旅館・古勢起屋  




昼間の旅館・古勢起屋




町の中心に至ると通りは一段と華やかさが漂う。
川面の通りに面した各宿の部屋からは明かりが灯っていて、宿全体の姿を映し出しているのみならず、周辺地域を明るく照らしているのである。 

更に、木製で造作された三階、四階建ての巨大な家屋からは、各部屋が全面的に川側に面するように造られており、部屋の窓を開け、縁から見渡すと優雅な温泉街が一目で見渡せるようになっている。 
従って、旅館に泊まった場合は川側に面する部屋に泊まるのが理想であり、見渡すことが出来ない格差のある山側とはおのずから値段のほうも違ってくるのである。

強いて言えば、こちら川岸では旅館・永澤平八、能登屋、そしてあちら岸では小関館、古勢起屋別館(旧源泉館)それに古山閣などは銀山温泉を代表する木造建築で、その圧倒的豪華さは目を見張るものがある。

次回、「能登屋




【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」



.
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。