スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北紀行(85)銀山温泉 「銀鉱と温泉」

.


『東日本大震災』に遭われだ被災者の皆さん、「東北人魂」で一日(いじんち)も早い復興さ祈っからね。
全国の皆んな・・!!、東北は「自然、観光名所、温泉、祭」と見所が一杯有るだよ。 G・Wは「東北地方」さ、旅行にでかけっぺ。
東北・いわき出身の小生



 東北紀行(85)銀山温泉 「銀鉱と温泉」  ,



銀山川は下流の「丹生川」に合流し、最上川にそそいでいる。
丹生」のと言う地名は各地にけっこうあり、丹生は丹が出土するところ、即ち、「丹」とは赤土のことで硫黄と水銀との化合(辰砂:しんしゃ・水銀製造や赤色絵具の主要鉱石)したもので、水銀などを含む鉱脈と関連するようである。


この丹生川と関連があるかどうかわ定かでないが・・、
大昔、日本の最古とされる古書(魏志倭人伝)には「その山には丹(辰砂)あり」と記されていて、現に紀州の紀ノ川沿いには、飛鳥期の以前から水銀の採取を行っていたとする記録がある。
そこには丹生一族という専門集団がいて採掘、精錬をしていたとされ、現在その周辺には丹生神社という社が50幾つもあるという。


今でこそ、水銀と銀とは全く異なった物質であるが、大昔の人々は同一のものと考えていたようである。 
又、“金属(主に貴金属も含む)が産するところに温泉あり、温泉の出るところに金属あり“とも考えられていたようである。 

金属、特に貴金属の産する鉱床は「熱水鉱床」とされていて、地球の熱水(主にマグマによる)によって吹き上がってきた物質、或は、接触している周辺岩盤を溶解させ、長時間の間で山のように沈殿、集積したできた鉱脈が出来上がったものを指す。
熱水は温泉水を伴っていて、時には熱温水は温泉となって近くの地表に湧き出し噴出する可能性もあるという。 
特に、硫黄成分を伴う温泉は概ね火山性の温泉であるとされる。


銀山温泉は15世紀の頃、銀鉱山が発見されて間もない頃、ここで働く鉱夫が同様に温泉を見つけたのが始めと伝えられ、当時は鉱夫たちだけが利用していた温泉であった。
銀山の衰退後、当然ながら人々は去ってゆき人口は激減し、世間とは遮断された仙境であったが、それでも温泉は湧き続け、中には温泉を利用した湯治客相手の小宿や小商いを行って生活する者もいた。

江戸中期(享保年間)になると、鉱山が廃山になった頃から湯治場として栄え、幕末の温泉見立番付では「諸国温泉効能鑑」の東方四段目を付けられていた。

当時、『 うち身、かっけは最上の銀山湯 』と評判もたったという。


明治期のころまで数十軒の平屋建ての湯治場があったとされる。 
ところが、大正2年に銀山温泉は大洪水に見舞われ、殆どの温泉宿は流されてしまったという。
その後は洪水の影響と湯温の低下で一時、沈滞したが、大正10年に銀山川の水を利用した発電所が作られ、大石田出身の銀行頭取であった「田中 保」氏らの助言により、各旅館は一斉に洋風の3~4層木造構造に建て替えを行った。 
そして関連して橋や沿道の整備も行い、ついに尾花沢より短時間で来れるようになったいう。


戦後は温泉街の外観は純和風に改装され、風情ある旅館街、伝統を生かした街造りを更に促進させるという。 
昭和43年(1968年)11月には、「国民保養温泉地」の指定を受けている。
昭和61年に地元、尾花沢では銀山温泉を「銀山温泉家並保存条例」を制定し、併せて、延沢銀山遺跡は昭和60年に国の史跡に指定された。
平成11年には新幹線の延伸にともなって観光客の数も増え続けているという。

毎年、冬を迎えるとテレビ各局が温泉の番組の特番を放映する。
登場する温泉は北関東・東北の温泉が圧倒的だが、中でもここ銀山温泉がよく紹介される。
雪を被った木造三層・四層の旅館が立ち並ぶ温泉街の風情豊かさにあるのは周知である。





旅館中心街にある公衆浴場「かじか湯」、左は「旅館・永沢平八」




温泉街とは離れた場所にもうひとつの公衆浴場「しろがね湯




銀山温泉の外湯は現在三軒あり、泉質はどこも似たようなお湯で、先ず、「しろがね湯」は温泉街の端、足湯の近くにあって銭湯という感じの共同浴場である。 
8:00-17:00 大人500円/小学生以下200円

かじか湯」(大湯)は温泉街の向こう中央部にあって、昔ながらの小さな共同湯で、雰囲気は一番ともいうが。
8:00~20:00 大人300円/小学生以下100円

そして2009年6月5日に、貸切専用の公衆浴場『おもかげ湯』がオープンしている。 但し、料金は50分で2000円となっている。 
地元民専用の共同湯を一般向けに貸切風呂にしたので雰囲気はあるという、だが、値段が高いのが難点か・・?。
利用時間は10時~17時50分まで(最終受付5時)で、浴室は約8畳の広さ、脱衣所に入り内鍵を閉めて利用する。


銀山温泉の泉質は概ね同一で、含硫黄・ナトリウム-塩化物硫酸塩泉(含食塩硫化水素泉)で、効能は慢性皮膚病、高血圧症、動脈硬化症、慢性関節リウマチ、神経痛、痔、婦人病などあるが、特に、アトピー性皮膚炎にはきく温泉だそうです。
源泉数:4 、湯量:500リットル/分 、泉温:60~62℃、 飲用:可


銀山温泉観光協会」:http://www.ginzanonsen.jp/  
銀山温泉旅館案内」:http://www.ginzanonsen.jp/yado07.html 


次回、再び「羽州街道





【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」




スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。