スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北紀行(93)蔵王 「蔵王エコーライン」

.


『九州紀行』は以下にも記載してます(主に写真主体)
九州紀行」; http://orimasa2009.web.fc2.com/kyusyu.htm
九州紀行」; http://sky.geocities.jp/orimasa2010/




東北紀行(93)蔵王 「蔵王エコーライン」 ,




エコーライン紅葉-.jpg
蔵王エコーラインの紅葉風景


坊平から先はかなりジグザグの急な上りである。
深い森林帯から低木林になり、やがてほぼ草原または高山性の潅木帯、山岳地へと変化してゆく。 

今日は風も無く、空には白い秋らしい雲がところどころに浮かぶ程度の絶好の行楽日和である。
“霧のお釜“とも称される蔵王名物の噴火口も、スッキリと見渡せるようで期待が高まる。
見通しの良くなった山岳ハイウェイをしばらく進むうちに、蔵王の最高所であろう連峰群が見通せるようになってきた。



一時して、広い駐車場と建物があり、そこから頂上へ延びるリフトが敷かれている。 
ここでチョット思案ししたが、詳細地図を見るとこの先、刈田岳頂上付近まで連なる「蔵王ハイライン」なるものが付いているので車を進めてみた。 
山頂ラインはどうやら有料道路のようで往復520円としてあった。
一旦戻って、付近を結ったり見物しながら上れるリフトに乗ることにした。


rihuto
お釜へ向けた「リフト」、”これより山形県・・?”


okama1
お釜周辺の概略図


駐車中の車は数台、紅葉シーズンにしては観光客のこちらへの人出は少ない。 
聞くところ、蔵王のエコーラインやお釜見物へくるお客さんは山形側より、どちらかといえば宮城、仙台本面からの人手が多いといわれる。 
尤もで、大都市の仙台や福島を控え、至近には東北道という主要幹線が南北に貫いているのである。 
更に、宮城蔵王側にはスキー場や道中各地に特色ある温泉もあり、景勝地としての見所も多そうである。


リフトはスキーの際の乗降ですっかり慣れ親しんでいるが、係員の懇切丁寧な扱いにはやや苦笑ものであったが、ともかく素直に従う。 
通称、「お釜リフト」とも言われているらしい。

リフトは殆ど地上擦れ擦れををゆっくりゆっくり進む。 途中、“これより山形県“という表示板が立っていた。 

”これは異なこと・・?
元より、お釜が宮城県側に存在していることは既に知っていた。 
そして当然のこと、この辺りは既に宮城県か、或はリフトが進むに従って隣県である宮城へ移行するものと思っていたが、意外であった。

その後、国土地理院の詳細図を確かめたところ、この付近の山形県の県境が東へ鋭角に突き出ている地点になっている。
リフトの乗り場は宮城県側になっていて、中間地点でこの鋭角部分の内側、つまり山形県側へ一端入り込むようにり、そして終点の150mくらい先で再び宮城県側に入り込むようになっているのである。

次回、蔵王の「お釜





【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」




.
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。