スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北紀行(95)蔵王 「刈田嶺神社と蔵王権現」

.


 東北紀行(95)蔵王 「刈田嶺神社と蔵王権現」   、





「お釜」から刈田岳山頂に向かう「遊歩道」



刈田山頂



刈田山頂に鎮座する「刈田嶺神社(奥宮)」



麓の遠刈田温泉にある「里宮・本殿」




さて、再び馬の背の稜線に戻る。
左手に見通しの良い草原状の大地の向こうに程良い遊歩道が延びていて、その先の三角ばった頂上にお社が鎮座している。 
 三角のお山は刈田岳(標高 1758m)で、その頂上にある小社は「刈田嶺神社」という。 こちらは頂上にあるのでで「奥宮」ともいう。 

尚、蔵王連峰の東麓に位置する遠刈田温泉の同名社を「里宮」と言う。 
御神体は、夏季には山頂の「奥宮」に、冬季には麓の「里宮」にと、両宮の間を季節ごとに遷座している。


御祭神は、天之水分神 (アメノミクマリノカミ)と国之水分神( クニノミクマリノカミ)で、二神は姉妹神で、何れも水を司る神である。
天之水神は、山頂の水の分配をつかさどり、国之水神は、地上の水の分配をつかさどる神とされ、互一対神をなしている。 
尚、江戸時代までは「藏王権現」と称し、蔵王連峰の“蔵王”は、蔵王権現に由来している。

神社由緒には、『 開山せしは何時頃なりしか不明なれど、人皇2代緩靖天皇を奉祀せしこと地方伝説等に徴しても明なり。その後文武天皇の御宇仏教の余波として彼の修験道なるもの現れ、其の一人として有名なる役の小角天武天皇の白鳳8年大和国吉野山に鎮座せる蔵王権現即ち天之水分、国之水分二柱の御神霊を不忘山に奉還し山名をも蔵王山と改むるに至れり。』 とある。


さて、この蔵王権現(ざおうごんげん)とは、日本の独自仏教形態をもつ信仰対象とされ、インドに起源を持たない日本独自の仏とされる。 
本山をご存知、日本一の桜の名所でもある奈良県吉野町の「金峯山寺」、本堂(蔵王堂)の本尊として知られる。 


権現」とは、仏が化身して神として現れること、その現れた権(かり)の姿をいう。 
元より、神は姿は無いもので、有ったとしても御神体とされる霊神か自然神であった。 
ところが古代、仏教が輸入された結果、日本では様々な神仏習合の現象が起こり、カミとホトケが混ざり合って「仏神」という仏体(仏像)となって姿を現したもの。


今から1300年前、修験道の開祖とされる「役の行者」(えんのぎょうじゃ;役 小角;飛鳥時代から奈良時代の呪術者で、実在の人物だが人物像は後の伝説によるところが大きい。修験道の開祖とされている)により奈良・大峯山系の上ヶ岳において祈り出された我が国独特の根本仏が蔵王権現とされ、お堂を吉野山においた。
その後、権現信仰は全国各地に流布されることになる。


古来より名峰とされた各地の山々もそうであるが、日本百名山の蔵王連峰も古くから「不忘山」と称して自然崇拝対象の神の山であった。
飛鳥期の末の天武天皇の御世(680年頃)、不忘山に役小角という行者が吉野の金峯山寺・蔵王堂から金剛蔵王大権現を勧請して「権現社」が建立され、刈田岳山頂に祀ったとされる。 
後の刈田嶺神社(奥宮)および刈田嶺神社(里宮)であった。 
これ以降、修験道の修行の場となった奥羽山脈の当地を「蔵王山」と呼ばれるようになった。

平安時代中頃には空海の両部神道(空海が開いた真言密教の立場から解釈された神仏習合思想)を唱える修験者が多数修行するようになったという。


役の行者(えんのぎょうじゃ)が、大峯山中で地上で苦しむ人達を救う神を顕現(けんげん;はっきりと現れること)するため一心に経を唱えていていると最初弁財天が現れたらしい。
しかし、役行者はこれは破邪の神としては優しすぎると考え、もっと強い仏が欲しいと更に祈ることになる。 

次に現れたのは地蔵菩薩であったが、地蔵は力の強い菩薩で基本的には慈悲の仏なので、
役行者はもっと“荒々しい仏”が欲しいと祈る。 
すると、突然凄まじい雷とともに、憤怒の形相の仏が炎の中から現れる。
これが「蔵王権現」であった。

次回、「金剛蔵王像と神仏分離



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
世界遺産・日光 (19)
日光二荒山神社 (52)
日光山輪王寺 (38)
日光東照宮 (82)
日光の地域 (26)
日光の歴史 (12)
日光の自然  (38)
日光の名所  (5)
日光の温泉  (13)
日光関係人物 (0)
日光ハイキング  (2)
日光の登山 (11)
東北紀行 (139)
福島県 (1)
いわき湯本 (15)
二本松 (6)
宮城・伊達氏 (2)
岩手路 (10)
花巻 (11)
乳頭温泉郷 (12)
角館 (8)
泥湯、川原毛地獄 (7)
出羽・庄内の道 (14)
銀山温泉 (10)
蔵王温泉とお釜 (9)
会津若松 (16)
会津地方 (15)
未分類 (2)
「山」について・・、 (1)
奥秩父・金峰山 (24)
山旅の記憶:八ヶ岳(冬) (7)
初夏の接阻峡を往く・・!! (5)
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。