スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北紀行(96)蔵王 「金剛蔵王像と神仏分離」

.



東北紀行(96)蔵王 「金剛蔵王像と神仏分離」 









春の吉野山の金峯山寺・蔵王堂と立像の形相(wiki)




現在、吉野山の金峯山寺・蔵王堂に祀ってあるご本尊は「金剛蔵王権現立像三体」といって、何れも激しい憤怒の形相をしている。 
青黒い肌に逆立つ怒髪、燃え盛る火炎を背負って右手右足を挙げ、天空を睨み付けている。 

青黒い色は邪気を払う仏の慈悲、赤い火焔は偉大なる知恵とされる。 
蔵王権現は神も仏も全ての信教を含めた具現の象徴とされている。
この三体を両の手あわせて真剣に拝むと、邪気が払われ、幸運が巡るとされる。


金峯山寺・蔵王堂(国宝)の建物は、木造の建築としては東大寺大仏殿に次ぐ規模といわれ、本尊三体(重文)の「金剛蔵王権現立像」は、本地垂迹(ほんじすいじゃく:神仏混交における神が、仏・菩薩となって衆生済度のために仮の姿として現われる)においては、中央が釈迦如来、右側が千手観音菩薩、左側が弥勒菩薩の三尊とされ、何れの仏像も国内では最大級の6~7mと巨大さである。(重要文化財)

この三蔵は秘像とされ、通常は一般公開はさていない。 
但し、特定の日のみ御開帳という形で公開されている。



明治維新で神仏分離が行われると、吉野山は金峰神社となり仏像仏具は除去されてしまう。
しかし、山下の蔵王堂の巨大な蔵王権現像は動かすことができず、金峰神社の霊代として鏡をかけて幣束(へいそく;裂いた麻や畳んで切った紙を、細長い木に挟んで垂らしたもの)を立てたという。 

つまり、鏡(「三種の神器」の一つに八咫鏡(やたのかがみ)というのがあるように、古代から日本人は神聖なものと扱っていたとされ、神話時代には天照大神の化身ともいわれた)という御神体を表に立てて目隠しをしたのである。

しかし、信者や民衆の多大なる不満を背景にして、政府としても寺院への復帰を認めざるを得なくなり、明治19年に二つの蔵王堂が仏教に復したという。


当地の蔵王では明治2年(1869年)に「蔵王権現」を蔵王大神へと改号し、吉野より勧請して「天水分神及び国水分神」の二柱を奉り、社号を吉野水分神社に倣って「水分神社」(みくまりじんじゃ)としている。 
更に、明治8年に「刈田嶺神社」と改称している。

尚、天水分神・国水分神は、日本神話では神産みの段でハヤアキツヒコ・ハヤアキツヒメ両神の子としてが登場している。 
つまり、国生みの主神である「イザナギ、イザナミ」の孫に当ることになる。

水にかかわる神ということで祈雨の対象ともされ、又、田の神や、水源地に祀られる神で、特に農耕の民に信奉され、山の神とも結びついたとされる。 
後に、「みくまり」が「みこもり(御子守)」と解され、子供の守護神、子授け・安産の神としても信仰されるようになったという。

次回、「上の山



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」




.
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。