スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北紀行(101)喜多方 「酒、蔵、ラーメン」

.


 東北紀行(101)喜多方 「酒、蔵、ラーメン」  ,






市内、酒蔵所MAP(酒蔵奉行所)




古くから酒や味噌などの醸造、そして蔵、ラーメンの街として著名になった・・! 、

道の駅は山間の長閑な雰囲気の静寂な地にあった。 
駅の裏には最上川の支流である鬼面川の清流が流れている。
これより新道なった大峠を越えると、福島県であり蔵の町、最近ではラーメンでも有名になった喜多方である。 


喜多方は、会津若松地方の北部に位置し、かつては北方(きたかた)と呼ばれていたという。
明治初期に小荒井、小田付などの各村が合併して北方から「喜多方町」が成立している。

会津が蒲生氏郷の時代、城と城下町の整備を命じ、武士と商工業の城下町集住を推し進めた。
一方、農業の整備も行い城下町以外の地を広く開拓し、農村での定期市なども開催した。 
以降、会津地方では若松を城下町、北の方・喜多方を農村部の都市的空間の在郷の町とした。 

喜多方が「蔵の街」として全国に知られるようになり、今日にその姿を残していたのは、当時の農産、醸造物などを保存するためのものでもあったのである。

「 喜多方は、いい米にいい酒、そして今や蔵と美味しいラーメン王国・・!! 」


喜多方には2600棟余の蔵があると言われている。
このように多くの蔵が建てられた理由として、米や農産物の貯蔵もさることながら、それ以外に酒蔵、味噌蔵として使われている蔵が多いと言われる。 
それは、この地が良質の水と米に恵まれ、醸造業を営む場として蔵が最適な建物であったことがあげられる。

だが、もう一つの大きなきっかけとなったのが、明治13年の大火であったともいわれる。
この火事は市の中心部の約300棟の家々を焼き尽くしてしまう。 その後は火に強い蔵造りの建物が多く建てられてきたことであった。


喜多方市は人口3・5万人(2006年の合併後5万人)に対し、120軒ほどのラーメン店があるという。 
これは対人口比では日本一であり、知名度に関しては札幌ラーメン、博多ラーメンと並んで日本三大ラーメンの一つに数えられることもある。
元より、喜多方は「蕎麦」(そば)の産地でもあるため、ラーメンの事を指すときは「支那そば」と区別して呼んでいた。 

日本では元々、そば類は「日本そば」が古来よりの食種であり、昭和の始めに支那風の面が出来たことから区別する意味で「支那そば」と称していた。

喜多方では昭和初期、市内ラーメン店の主人が小麦粉とそば粉ミックス中華麺に近い「支那そば」を打ち、日本そばの単純な味とは異なる豚骨スープなど中華風の味にしたことで評判をよんだという。

当時は、戦争の影響による食糧難の時代でもあり、この「支那そば」は市民にとって素晴らしいご馳走であり、その味はやがて市民生活に浸透していくこととなった。
その後、PRやマスコミ報道で一躍知られるようになったという。

それにしても、札幌や博多という大都市圏で広まったのにラーメンに対して、こちらは東北の小都市から発信され全国的に有名になったのには驚きであり、敬意を表するしだいである。



喜多方の町並みはからは殆ど途切れることなく会津若松の市街地へと連なっている。
会津若松はおしなべて大都市とは言いがたく、喜多方が若松のベットタウンではないかもしれない。 しかし、会津若松の衛星都市、郊外のよなもので共に特色を出しながら栄えているようだ。

喜多方は「戊辰の役」においては直接的な大規模戦闘や被害はなかったようだが、闘将家老・佐川佐川官兵衛の家族が避難してきた地であり本人の墓地もある。 
当然ながら、戦役に関連した史跡や墓地なども数多く残っているようである。

次回、会津・「戊辰戦争



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」




スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。