スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北紀行(110)会津 「恵日寺の盛衰」

.



 東北紀行(110)会津 「恵日寺の盛衰」   、



会津磐梯山は猪苗代湖北方に位置する火山性の山で、頂上付近の直径約1.5kmの火口を抱き、円錐形の優美な山容を呈しているため「会津富士」ともいわれている。

万葉集の東歌にも

『 会津嶺の 国をさ遠み 逢はなはば 
             偲ひにせもと 紐結ばさね
 』
(会津嶺の聳える国から、遠く離れねばならなっくなった、だから愛しい君とも逢えなくなれば、せめてもの偲ぶよすがにしよう そしてこの紐をしっかり結んでくれ) 

と歌われ親しまれている。


民謡にも「 会津磐梯山は宝の山よ 」という歌詞は周知であるが、宝の山は無論、豊作を叶えてくれる神様の山という意味でもある。 
古来、磐梯山は山麓部の住民から農業、豊作を約束してくれる神の山として厚く信仰されていた。 
会津全域において、収穫された稲の束を磐梯神社に納める風習があったとされ、磐梯山信仰が、猪苗代町、磐梯町だけではなく、磐梯山が見える会津全域にあったともいわれている。 


近年の明治21年(1888) 磐梯山が大爆発(裏磐梯の各湖ができた)を起こし、付近村民に大損害を与えたが、平安初期においても激しい爆発を起こし、この時、標高が2000m以上あった円錐形のたおやかな山様が、概ね今の姿になったといわれる。 
無論、周囲地域にも大災害を発生させている。



奈良の高僧・藤原徳一が会津地方にやってきたのは其の直後であった。
徳一はこの時期既に、藤原仏教文化を東北地方へ広げることを実施、行動に移していたときとされている。 

直前になって民衆信仰の山でもある磐梯山の大爆発を起こして耕地は跡形もなくなり、住む家や食物を失った人々が道端に屍を晒し、相当に難儀しているときでもあった。 
元より会津は磐梯山信仰の厚い地域であり、徳一は必然的に民衆救済の大目的をもって会津へ赴いたのかもしれないのである。


徳一は、磐梯明神に観音を授けて、慧日寺というお堂を設け、先ず、住民救済と布教活動を行ったのである。 
神仏混交された慧日寺は時代を経るに従って、次第に民衆の支持を集め、時を経るに従って隆盛を極め、一大仏教王国を築きあげたのである。

往時の寺院隆盛の頃のエリアは、現在の磐梯町の広さの数倍の規模であったともいわれていわれ、最盛期には寺僧300、僧兵数千、寺領18万石、子院3800とも伝えられている。
いかに強大で凄い規模であったかが判る。



だが、さしもの仏教王国は、戦国期の天正17年(1589)伊達政宗の会津侵攻により慧日寺は炎上し、衆徒離散して廃墟となってしまう。 
その後、江戸期までどうにか存続したが、明治初期の神仏分離政策、廃仏毀釈の令とともに廃寺にされたのであった。

もし、伊達政宗が焼かないでそのまま見過ごし、又、廃仏の憂き目にあわなかったら国内でも真っ先に世界遺産になったことだろうとも言われている。、

次回、「恵日寺と振興仏教



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」




スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。