スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北紀行(117)会津 「秀吉の会津遠征」

.


 東北紀行(117)会津 「秀吉の会津遠征」   



因みに、「豊臣秀吉」はが会津に入ったことは余り知られていない。 

これも幕末維新の大戦争による記憶が余りにも深く大きくて、それ以前の史的産物は陰が薄くなってしまったのかもしれない。 
しかし、会津若松の整然とした町並みはこの時から起こったとされている


秀吉は戦国時代の総決算、全国の統一として、最後に奥州の仕置(領地の配分や管理手法を決める)を行う。 
これは東北地方における一大事件であり、大革命であったとされている。
会津への巡察行軍は、宇都宮を発って再び帰城するまでの10日間の日数であった。


天正18年(1590年)、小田原城を陥落し北条氏を討った秀吉は、応仁の乱以来100年余り続いた戦乱に終止符をうち天下を統一した。
その後、東北地方を支配するため自ら伊達正宗の本拠だった黒川(若松)に入り、奥州仕置に着手した。

このことは、奥州支配にあたって関東につながる会津がいかに重要な地であったかを示すもので、腹心・蒲生氏郷を会津に配置した。
これは、400年前に頼朝が関東武士に分割支配させて以来の大変革であり、「 闘わずして奥州を手に入れる 」といった秀吉の言葉は、そのまま実現して同時に天下統一は完成した。

会津においては、天正18年(1590年)、秀吉による奥州検地の命令によりきびしい検地が行われ、福島地方を浅野長政、会津地方を豊臣秀次、白河地方を宇喜多秀家など、当時のそうそうたる武将が奉行を務めたという。
しかし、この検地には農民の強い反発がもり、この時の農民一揆で63人が首がはねられたという大事が発生した。 
これは、赤岡村(現在の南会津郡下郷町)にあった事件で、県の史上最も厳しい弾圧であったともいわれる。


会津若松市東山町の背あぶり山の頂に「関白平」と呼ばれる標高約800mの高原がある。 
秀吉はこの山頂に立って、会津盆地を一望しながら東北の仕置を考えていたのかもしれない。
実際、宇都宮へ帰城してから「宇都宮評定」といわれる席上で、東北の仕置を命じている。

関白平の名は、昭和に入ってから付けられた名前らしいが、関白秀吉は天下人として、新たに手に入れた領土を家臣に見せ、力を誇示するために一望できるこの場所を選んでともいわれている。

その、「背あぶり山」の麓に東山温泉があり、当然ながら秀吉一行(一行は凡そ3,000人とも言われる)はその帰路、共々、東山温泉にて英気を養ったであろう。 
当時の温泉関係者の慌てふためく狂騒振りが想像できる。


会津は、秀吉の命(宇都宮評定)によって「蒲生氏郷」に領地の運営を任されることになる。
氏郷は織田信長に仕える近江国(滋賀県)蒲生郡日野城の領主で、信長の死後、豊臣秀吉の家臣となっていた。 
数々の戦功をあげた人物で、秀吉にその優れた能力を認められ、東北地方を支配するのに重要な地だった「会津」を任された。 

氏郷は1593年(文禄2年)、会津に入ると大きな天守閣を持つ城を築き「鶴ヶ城」(つるがじょう)と名づけ、城下町を整備し産業の振興を図る。 
氏郷は更に、黒川の地名を「若松」と改名する。 
これは氏郷の故郷・近江国(滋賀県)蒲生郡の「若松の森」にちなんだと言われている。

又、雑然としていた城下を整備、拡張に着手、城の周りに侍屋敷を配しその外側に土手(外郭)を築き城を中心に、郭内・郭外に分割する。 
それまで郭内にあった町人屋敷を郭外に移し、町の北側に多くの寺院を移築し城下の整備をする。 

検地によれば、氏郷の領地は91万9,320石となり、徳川家康・毛利輝元に次ぐ全国で3番目の大大名になっていた。
この町割りは、現在の市街地の原型になっていて、今でも市内のいたるところでその名残を目にすることができえう。 郭外の町域は大町・馬場町・本郷町・三日町・桂林寺町・六日町等である。

1593(文禄2年)、七層の天守閣を持つ「鶴ヶ城」が完成する。 
その威容は会津盆地を圧し、若松は「奥州の都」とうたわれるほど繁栄するようになったという。

次回、「向羽黒山城



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」




.
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。