スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

34、日光の世界遺産;二社一寺の輪王寺 「大猷院の唐門(からもん)と門の概念」 






  34、日光の世界遺産;二社一寺の輪王寺 「大猷院の唐門(からもん)と門の概念」  




http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-e7-07/kassy1946/folder/1796569/88/64313888/img_2?1302946024



http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-e7-07/kassy1946/folder/1796569/88/64313888/img_1?1302946024


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-e7-07/kassy1946/folder/1796569/88/64313888/img_3?1302946024





唐門(からもん)

夜叉門を潜り拝殿の前に到ると、大猷院の中心に位置するのが先ず「唐門である。
その名のように唐破風を持つ、一間一戸(・・?)の高さ3mと、此れまでの御門と比べても小規模な門である。
だが、その造りは目を見張るものがあり隅々まで繊細な彫刻と金、白を基調とした彩色が施されていて、その意匠装飾は大変気品が感じられるもので、金ピカの派手さでは他の門に劣らない。

唐門は、承応2年(1653)に建てられたもので、柱や貫・梁には七宝・麻の葉などの細かい地模様が彫られ、扉には上に鳳凰、下に唐草、前後の破風の下には雄雌の双鶴と白竜、木鼻には獅子が彫り込まなど余すところ無く、美しく装飾されている。
又、両側の袖塀の羽目には多くの鳩が彫られ、百間百態の群鳩とされている。




門の概念

大猷院は、入り口の「仁王門」にはじまり、家光公墓所の入り口に当たる「皇嘉門」(こうかもん)まで、意匠の異なる大小6つの門で、境内が立体的に仕切られており、門をくぐるたびに景色が転換して、あたかも天上界に昇っていくような印象を受けるとされている。

この様に、一つの境内に門の数が多いのは、直接的には理由は不勉強で定かでないが、
例えば、城郭で一定方向へ向かうのに門が多いのは、敵の侵入を防ぐ、格式によって区別する、などの種々目的があろうが、寺院の場合も基本的な考え方は同一のようで、聖域である仏様のおわす中心施設まで、仏敵や邪悪なものを遠のける為のものと想像する。

一般に、門の大きさ、規模は「尺度」をもって表していたが、門の規模を尺度に関係なく何間何戸(なんげんなんこ)で表すようになった。
中国では1枚扉が「戸」であり2枚扉が「門」であると表現しているらしく、成程と思えるのは、戸と戸の裏返った字を組み合わせると門と言う字になるからです。
ところが、我が国では1枚扉、2枚扉もしくは扉なしでもすべて門の出入り口を「戸(こ)」と言い表しており、例えば桁行(柱間)3間で出入口が1間の場合は3間1戸(こ)、桁行が5間で出入口が3間の場合は5間3戸と表している。


次回、 「大猷院の拝殿・相の間・本殿」








【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ    seesaaブログ   FC2 H・P   gooブログ   忍者ブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」



スポンサーサイト

テーマ : 世界遺産・日光大紀行
ジャンル : 旅行

tag : 大猷院の唐門

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。