スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

91、日光の世界遺産;二社一寺 「東照宮・本殿の御神座」







  91、日光の世界遺産;二社一寺 「東照宮・本殿の御神座」  





http://www.toshogu.jp/keidai/images/map.jpg


http://wadaphoto.jp/japan/images/nikko54l.jpg
唐門と本殿





本殿は、秘中の秘の御神座御殿です


東照宮祭礼のときだけ開く本殿の扉ですが、その上に並んでいる彫刻は獏(ばく)という架空の動物と言われます。
鼻が長いので象にも見えますが、異なる特徴が眉と丸い目、首の巻き毛が持徴とされます。

獏は、一般には夢(悪夢)を食べてくれる架空の動物といわれるが、唐の詩人である白楽天の文集によりますと、獏は鉄や銅など金属を食べるとされているそうです。 

戦争が始まると武器等を造るため鉄や銅が無くなるので、獏は平和な時代にしか生きられないといい、つまりは平和の象徴的な動物とされています。

東照宮の中で獏の彫刻は80頭程あるとされるが、その内の50頭ほどが最も重要な本殿にいるとされ、これは即ち、獏は不戦の象徴でもあり、平和への強い願いが込められているとされています。



本殿は外陣(幣殿)、内陣、更に内々陣の三室に分かれていて、勿論このエリアには貴賓参拝者と謂えども入室は出来ないし、神職の人でさえ祭典や煤払の奉仕の時以外は入れないとされています。

特に、内々陣の内部には御空殿と呼ばれる御神座(御神体の鎮まる処)があるが、どのような姿になっているかは、「秘中の秘」とされているらしいです。


尚、この御神体は神服と称する暖かそうな温暖被服で被われているといいます。
それは将軍・家光公が御登拝の折りの時に、この日光地域は寒冷の地であるから“さぞ、おじいさま様(家康公)は寒かろう”と思われて着せたものといわれています。

尚、本殿の様子は、境内入り口にある御仮殿という建物でも、窺うことが出来るそうです。




次回、 日光東照宮 「本殿の御仮殿」







【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ    seesaaブログ   FC2 H・P   gooブログ   忍者ブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」



スポンサーサイト

テーマ : 世界遺産・日光大紀行
ジャンル : 旅行

tag : 東照宮・本殿の御神座

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。