スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

120、日光の世界遺産;二社一寺 「東照宮の不思議、五重塔の耐震構造(Ⅱ)」





  120、日光の世界遺産;二社一寺 「東照宮の不思議、五重塔の耐震構造(Ⅱ)」  





 http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-e7-07/kassy1946/folder/1796569/02/66699902/img_7?1375330940


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-e7-07/kassy1946/folder/1796569/02/66699902/img_11?1375330940


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-e7-07/kassy1946/folder/1796569/02/66699902/img_4?1375330940





日光東照宮の五重塔の耐震構造


現在(2012年)、世界遺産・日光東照宮の五重塔の初重内部の心柱が特別公開されています。

塔の中心に心柱(しんばしら)が据えられ、その優れた耐震構造は高く評価されています。
5月にグランドオープンした東京スカイツリーもこの耐震システムを応用して設計されたものと言われています。


日本に存在した数多くの五重塔は、火事や戦火で倒壊したものの、地震により倒壊した事例は歴史上ないそうです。

内部を貫く心柱や重い瓦屋根で安定させるなど、優れた免震システムが備わっているとか。
日本の五重塔は「免震システムの教科書」と言われ、高層ビル建築の参考にされているそうです。

平年24年5月に開業した東京スカイツリーの免震システムも日本最古の法隆寺の五重塔を参考にしたと言われています。

その開業を記念して、東京スカイツリー開業日より平成25年3月31日まで、その内部を初めて一般公開しています。次回の公開は未定とのことなので、ぜひこの機会に訪ねてみてください。

五重塔の大黒柱でもある心柱は黄金に輝き、普段は見ることのできない側面や背面の豪華な彫刻を観覧することができます。
  
・特別公開の内容 : 五重塔の初重(一層目)の内部の金に彩られた
               心柱等と初重外回りの十二支の彫刻        
・特別公開期間  : 平成24年5月22日(火)~平成25年3月31日(日)
・拝観料       : 300円


今回の特別公開は、東照宮400年祭(2015年)のプレ企画として実施されているものです。

真ん中が心柱、全体に漆塗り・彩色・漆箔がきらびやかに施されています。
この心柱は縁下の礎石には触れてなくて、中吊り状態になっているそうで、但し心柱の周りの4本の柱はしっかり礎石に密着しています。

塔の先端部分の標高が681.215m、基底部の標高が646.751mであり、石鳥居手前の参道の途中がスカイツリーと同じ高さの標高の634mだそうです。


心柱が四重部分の梁から吊り下げられて浮いています。
時を経て重みで塔身が縮んだ際にも心柱が五重の屋根を突き抜けてしまわないよう江戸時代に考え出された工法です。
このように、塔身と分離した心柱が免新機能をはたしていると考えられています。



次回、「東照宮の徳川埋蔵金とかごめかごめ」







【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ    seesaaブログ   FC2 H・P   gooブログ   忍者ブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」


スポンサーサイト

tag : 東照宮の不思議、五重塔の耐震構造(Ⅱ)

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。