スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

165、日光の世界遺産;二社一寺 「二荒山神社・本宮神社と四本龍寺」







  165、日光の世界遺産;二社一寺 「二荒山神社・本宮神社と四本龍寺」  




本宮神社 拝殿






http://www.futarasan.jp/cgi-bin/imgsys/img.cgi?661892



http://www.city.nikko.lg.jp/bunkazai/kankou/shaji/japanese/regist-n/list/images/a12.jpg
本宮神社 本殿







既に、この地域は東照宮境内の北の一角でもあり、東照宮へ参るのが巡であるが、ここは二荒山神社系を巡っているので、このまま第三の宮と言われる「本宮神社」へ詣でることにする。


その宮は、先に紹介した四本龍寺に隣接して鎮座している。

神橋前からだと世界遺産の石碑のある石段ではなく、右手の石段を登ると本宮神社に達する。 
つまり、神橋の交差点を渡ったところの正面が、本宮神社の入り口で、日光山内の寺社では一番手前にある。

歴史的にも、日光開創の原点なのだから、当然のことと言えるかも知れない。



石段を上り、鳥居をくぐっていくと、朱塗りの社殿が鎮座する。

拝殿、本殿ともに、二の宮である滝尾神社のそれと全く同一のよな造りで、やや寂れた無人の神社という印象だが、それでも、幽玄な落着いた雰囲気が味わえて歴史を感じる造りである。 
社殿は国の重要文化財である。





http://www.geocities.jp/kawai5510/IMG_26441.jpg
四本龍寺 観音堂

http://www.geocities.jp/kawai5510/IMG_30482.jpg
四本龍寺 三重塔

http://5.pro.tok2.com/~tetsuyosie/tochigi/nikkou/motomiya/IMG_1621.JPG
勝道上人が笈を掛けて休息したという笈掛石




江戸期当初の徳川家の事業といえば、当時の国家プロジェクトだったわけで、山内隅々まで建築手法、色調、彫物などの文化財であふれているのも当然とされるが、本宮神社は言うに及ばず、二荒山系の神社社殿は、江戸期に比べ遥か彼方の年代以前のもので、無論、日光と聞いてイメージする豪華な装飾などはない。


境内には、勝道上人が笈を掛けて休息したという笈掛石(おいかけいし;行脚僧・笈とは修験者などが仏具・衣服・食器などを入れて背に負う箱のことで、修験者が笈を背負いながら腰を下し休息した石)があり、また、本殿のすぐ裏には四本龍寺の三重塔が見える。



古くは新宮(現在の二荒山神社)、滝尾と共に、日光三社と呼ばれた神社で、創建は大同3年(808年)、祭神は、大己貴命(大国主命)-の御子神である味耜高彦命(あじすきたかひこねのみこと)を御祭りしている。

天平神護2年(766)勝道上人が大谷川を渡って日光に入って四本龍寺を開き、翌神護景雲元年(767)その傍ら、現在の本宮神社の場所に二荒山の神を祀った。


現在は末社でありながら、「本宮」と名前が付いているのは納得である。 

これが二荒山神社と輪王寺の開創であり、元は本宮神社の辺りが日光の中心であったとされる。
御朱印にも、「日光の原点」とあるのは、そのためである。



次回、「二荒山神社・日光三社のまとめ」





【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ    seesaaブログ   FC2 H・P   gooブログ   忍者ブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」




スポンサーサイト

テーマ : 世界遺産・日光大紀行
ジャンル : 旅行

tag : 165、日光の世界遺産;二社一寺 「二荒山神社・本宮神社と四本龍寺」

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。