スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北紀行(18)二本松 「高村光太郎と智恵子」

,



 東北紀行(18)二本松 「高村光太郎と智恵子」  ,




登山標識



薬師岳の展望地



紅葉風景と安達太良連山



紅葉風景とゴンドラ基地方面(ゴンドラが連なる)


ここが薬師岳山頂で標高1350m 。
本日は天候にも恵まれ、紅葉を求めて多くの見物人やハイカー等で込み合っていて、やや騒々しい感じがしないでもない。 そんな事全然気にならないくらい雄大な自然の風景に圧倒される。

少し離れたところに、『この上が、ほんとの空です』、という木製の碑が立っていた。 ご存知の高村光太郎が妻のために詠った「智恵子抄」の有名な一節である。 
確かに、今は広い空と澄んだ空気、そして豊かな山がそこにはあった。


智恵子(旧姓長沼)とは詩人・高村光太郎の妻のことであり、明治19年にここ二本松(福島県安達郡油井村字漆原、実家は酒造家で、資産家であった)に生まれている。
大学入学後に洋画に興味を持ち、卒業後も東京にとどまって油絵を学び洋画家となった。
その一方で女子思想運動にも参加するという賢女であり、高村光太郎と知り合って、大正3年27歳で結婚している。

だが、智恵子はどうしても東京の生活に馴染むことが出来ず、一年のうち3、4ヶ月は実家に帰っていたという。 
また、油絵もなかなか評価されることが無く、智恵子は悩んでいたらしいが、主人・光太郎は智恵子の素描(絵などを彩色を加えないで書くこと)は素晴らしく、力と優雅とを持っていたと評価している。

時折、「東京には空がない」という智恵子の愚痴や訴えを、光太郎は他愛なく、「あどけない話」として受け止めていたが、智恵子が病没(1941年)するに及んで「智恵子」に関する詩集を多数発表、これを纏めて冊子にしたのが「智恵子抄」である。 
30年間にわたって書かれた彼女に関する詩集は、詩29篇、短歌6首、3篇の散文が収録されている。 この詩は昭和3年に発表されている。


又、高村 光太郎は日本の彫刻家、評論家、詩人という多彩な顔をもっている。
東京の下谷に生れている。(現・東京都台東区)  本職は彫刻家・画家と言えるが、「智恵子抄」等の詩集が有名になり教科書にも掲載されるようになったため、詩人として認識されることも多い。 

当初の光太郎は社会や芸術に対する怒り、迷い、苦悩に満ちたものだったが、智恵子と出会ってからは、穏やかな理想主義とヒューマニズムに包まれるようになったという。
光太郎は、「私はこの世で智恵子にめぐり会った為、彼女の純愛によって清浄にされ、以前の退廃生活から救い出される事が出来た」と語っている。

詩集・「道程」も有名、他に評論や随筆、短歌の著作もある。

次回、「智恵子抄



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」

《スキー履歴》・・・
「スキー履歴」



.
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
FC2カウンター
本文関連情報
本文関連情報
関連情報
最新記事
カテゴリ
プロフィール

mo

Author:mo
【小生の旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   
C・掲示板   
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 


《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。